ライフログ

冷たいものが歯にしみてどうしようもなくなった時の最終手段③+④

冷たいものが歯(銀歯)にしみて
どうしようもなくなった時に
僕が選んだ最終手段のお話の続き③,④です。


パート1はこちら

パート2はこちら

3回目の施術

前回の施術から約2週間後

前回同様、詰め物(セメント?)を取り外します。

その後、銀歯の土台を作る為に歯を削り、土台を整えて行きます。

神経の除去が済んでいるので、

麻酔無しでも全然痛く無かったです。

そして、ガムの様な物を歯で挟み、型取りをして行きます。

型取りが終わった後は、樹脂の様なもので歯の穴に蓋をして終了でした。

思っていたよりも早く終わって

無事一安心でした(´ω`)

樹脂の様な詰め物は、かなり口の中で違和感が有りました。


4回目の施術

前回の施術から約3週間

いつも通り、歯の穴に蓋をしている詰め物(今回は樹脂の様なもの)を取り外します。

その後、銀歯を取り付ける部分の消毒を行い、銀歯の仮合わせを行います。

仮合わせでサイズが大きい部分があったようで、銀歯を削って貰いました。

サイズがピッタリ合ったので、

装着(・∀・)

装着は、接着剤(セメント?)を歯と銀歯の間に入れ、

少しの間、歯を食いしばった状態でキープします。

最後にはみ出た接着剤(セメント?)を除去して貰って完成です。

1ヶ月後に再度、診察してもらって問題が無ければ治療完了です!


長くなってしまいましたが、

少しでもご参考になれば幸いです。


ABOUT ME
kira
関西在住の会社員「キラ」です。 好きなものは肉!!そして マカロン・タピオカです。 筋トレがだいすきです。