ライフログ

冷たいものが歯にしみてどうしようもなくなった時の最終手段①

冷たいものが歯(銀歯)に

しみてどうしようもなくなった時に

僕が選んだ最終手段のお話です。


冷たいものが歯にしみないために選んだのは…

歯の神経を抜く」という事でした。

先ず、一回目の歯医者に言った時にして貰った事は下記の通りです。


・歯の神経を抜く(除去する)為に、歯に着いている銀歯を外します。

以外な事に銀歯はすぐに外れていました( °◊° )

・歯を削っていくのですが、その前に部分麻酔の注射をしていきます。

この時の麻酔注射はかなり痛かったです(T ^ T)

(複数箇所注射されたのありますが…)

・歯の神経を取っていきます。

歯の神経は4本あるらしく、施術時間も長くなりなかなか辛かったです(;_;)

・神経除去後の処置

神経の除去が済むと、歯に薬を詰めてから詰め物(セメント?)で蓋をします。

・施術終了後

歯医者さんからは「痛くなるかもしれない」と言われ、痛み止めを貰いました。

・結果

痛み止めを使用せずにすみました。

全然痛くならなかったです。


このお話はまだ続きますが、

少しでもご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
kira
関西在住の会社員「キラ」です。 好きなものは肉!!そして マカロン・タピオカです。 筋トレがだいすきです。