ライフログ

歯の神経を抜く!?どんな感じなのかをまとめてみた。

虫歯を治療した後の銀歯部分が知覚過敏の様になり、我慢できず歯の神経を抜くことにしました。

歯の神経を抜く方はご参考まで

  • 1回目の施術(歯の神経除去)
  • 2回目の施術(歯の神経再度除去)
  • 3回目の施術(被せ物の除去と銀歯の型取り)
  • 4回目の施術(銀歯の装着)

1回目の施術

歯の神経を除去する為に、銀歯を外し

歯を削っていきます。←このときの麻酔注射が痛かったです(泣)

その後、歯の神経を取っていくのですが、歯の神経は4本あるそうでなかなかの苦痛でした(笑)

神経の除去が済むと、歯に薬を詰めてから詰め物(セメント?)で蓋をします。

ここで1回目の施術終了です。

歯科医さんからは、痛くなるかも知れないと言われ、「痛み止め」を貰いましたが使用せずに済みました(痛くならなかったです)


2回目の施術

前回の施術から1週間後、

もうすぐ終わるのかなぁ〜?と軽い気持ちで考えていました。

(これから先、試練がある事をこの時の僕は知る由もないありませんでした。)

まず、詰め物(セメント)を取り外します。

前回取り切れなかった神経を除去し、4本の神経に注射をして神経に薬を入れます。←これが麻酔無しなので過去最高に痛かったです(T_T)

その後、詰め物(セメント?)で蓋をします。

ここで2回目の施術終了です。

歯医者さんからは「抗生物質」と「痛み止め」をもらいました。

その後1週間は痛すぎて、「痛み止め」を追加でもらいに行きました。

2周目からは痛みが嘘のように無くなりました。


3回目の施術

歯の被せ物を除去し、銀歯の土台を作るため、歯を削って整えていきます。

その後、ガムの様なものを歯ではさみ、型を取りました。

再び、仮の被せ物をして終了でした。

樹脂の様な詰め物をして貰いました。

口の中で凄く違和感が有りました

(T ^ T)


4回目の施術

前回の施術から3週間後

またまた、歯の詰め物(今回は樹脂の様なもの)を取り外します。

その後、銀歯を取り付ける、

土台部分の消毒を行い、銀歯の仮合わせを行います。

銀歯の仮合わせでは、少しサイズが

大きかったので、銀歯を削って貰いました♪

サイズがピッタリ合ったので、

銀歯を装着!

この時、歯と銀歯の間に

接着剤(セメント?)を入れ、

少しの間 歯を食いしばった状態を

維持する様、指示がありました。

最後に歯と銀歯から、

はみ出た接着剤(セメント?)を除去して貰って完成です。



少しでもご参考になりましたら幸いです。

ABOUT ME
kira
関西在住の会社員「キラ」です。 好きなものは肉!!そして マカロン・タピオカです。 筋トレがだいすきです。